離乳食豆知識

子育てにAmazonファミリーがとてもお得です

託児所を利用する時に赤ちゃんの食事で気を付けることは?

前回は毎食赤ちゃんにベビーフードって有り?ベビーフードの利用頻度についてでベビーフードをについて書きました。

 

今回は少し趣向を変えて託児所での赤ちゃんの食事について書きたいと思います。

 

夫婦共働きの家庭だと、早い段階でお子さんを保育園や認可外託児所などの施設に預けている方もいるでしょう。

 

そうでなくとも、冠婚葬祭だったり、お母さんのリフレッシュの目的で託児所の一時預かりを利用する方もいるでしょう。このような託児所の中には弁当持参のところも多いのですが、施設側で手作り給食やおやつなどを用意してくれるところも増えています。

 

自宅で弁当を用意するのも大変ですし、「せっかく食事を用意してくれるなら、それに甘えてしまおう!」と言うお母さんもきっと多いでしょう。でも、自宅以外で食事を取るとなると、お母さんにとって色々心配ごともありますよね。

 

では、託児所を利用する時に赤ちゃんの昼食で気を付けるポイントについてご紹介しましょう。

 

赤ちゃんの離乳食はどのくらい進んでいる?

託児所は育児のプロなので、基本的には月齢に応じた食事を用意してくれます。

 

ただ、全ての赤ちゃんが平均的な月齢通りの成長をしているとは限りませんよね。他の赤ちゃんに比べて成長の早いお子さんもいれば、成長のゆっくりめのお子さんもいます。

 

離乳食に関しても同じで、平均的には完了期を迎えているであろうと思われる12ヶ月の赤ちゃんでも、あまりミルク以外の食べ物を口にしないなんて言うこともありますよね。

 

こんなお子さんに今までほとんど食べたこともないようなものを与えたり、うっかり成長に合わない固めのものを食べさせてしまっては大変です。

 

今現在どのくらい離乳食が進んでいるのか、平均的な月齢を参考にして託児所のスタッフにきちんと説明できると良いですよね。もし託児所を利用するまでにある程度の期間があるのであれば、何日間分かの赤ちゃんの離乳食の様子や内容をメモにしたものを参考程度にスタッフに渡すのも安心かも知れませんね。

 

事前にアレルギーの原因になる食品を把握しておくこと

「たかがアレルギー!」なんて思って、あまりアレルギーに対する危機感がない方も少なくありません。

 

確かに、アレルギーを発症しても、かゆみや蕁麻疹、咳などの軽い症状で済む場合も多いです。でも、アレルギーは実はとても恐ろしいもので、重症の場合はショック状態に陥ったり、意識を失ったりなどの危険な症状が現れることもあります。

 

ちなみに、乳児に関しては、10人に1人くらいの割合でアレルギー持ちのお子さんがいると言われています。

 

「我が子こそは大丈夫!」と思いたいところですが、残念ながらアレルギーはいつどういう形で現れるか分かりません。過去にアレルギーを起こしたことのある食品、アレルギーの心配のある食品に関しては、予め託児所のスタッフに伝えておきましょう。

 

7大アレルギー品目として言われているえび、かに、小麦、そば、卵、乳、落花生、この他アレルギーの可能性があると言われているあわび、いか、いくら、オレンジ、カシューナッツ、キウイフルーツ、牛肉、くるみ、ごま、さけ、さば、大豆、鶏肉、バナナ、豚肉、まつたけ、もも、やまいも、りんご、ゼラチンの20品目など、まだ食べたことの無い食品で心配な食品についてはスタッフに伝えておくのも良いでしょう。

 

どういう給食を用意してくれるのか事前に確認しておくこと

託児所を利用する際には、赤ちゃんを預かってもらう時間帯にどういう給食を用意してもらえるのかを事前に確認しておくのが良いでしょう。

 

どういうものが使われているのか、給食に使われている食材が分かれば、事前に赤ちゃんに与えないで欲しいものを託児所のスタッフに伝えることが出来ます。

 

最近では、「お子さんの給食はバイキング形式!」なんて言う託児所もあるようです。さすがに、離乳食を進めている段階の赤ちゃんであればバイキングはほとんど無いでしょうが、それでも食品の固さやアレルギーの可能性など赤ちゃんを託児所に預ける親としては最大限の注意は払っておきたいものですね。

 

託児所で給食を用意してもらえることには、1食だけでも赤ちゃんの食事を用意する手間から解放されると言うメリットがあります。

 

ただ、お子さんのことを一番に理解しているお母さん以外の人が用意する食事と言うことで、色々と注意点があります。赤ちゃんの離乳食の進み具合、食べられる量や固さ、アレルギーの有無や可能性には十分に注意してもらえるよう託児所のスタッフにお願いして、事前に給食の内容を確認しておくと多少なりとも安心です。

 

託児所の赤ちゃんの食事の注意点についてでした。

 

次は冷凍保存を賢く利用すると便利!離乳食の冷凍保存についてということで離乳食の冷凍保存について見ていきましょう。

 

離乳食の食材についての記事一覧はこちら。

 

また、離乳食の進め方の基本についてはこちら。

「Amazonファミリー」なら15%OFF


Amazonファミリーはおむつ定期便15%OFFの他、2000円のクーポン、離乳食・調理器具、だっこひも、ベビー服などの子育て用品も豊富に揃っていて、とても便利です。買い物に行く時間がなかなかない方に特におすすめです。
⇒Amazonファミリー無料登録


Sponser Link