生後7〜8ヶ月の離乳食のレシピ例(初期の献立)

生後7〜8ヶ月の離乳食のレシピ例(初期〜中期の献立)

「5〜6ヶ月の間はとにかく潰せば大丈夫!」と言う感じでした(参考:生後5〜6ヶ月の離乳食のレシピ例(初期の献立))が、7〜8ヶ月と言えばモグモグ期で舌で潰せる固さであれば食べることが出来ます。

 

ちなみに、「舌で潰せる固さ」と言うのは、豆腐くらいの固さです。これを離乳食で再現しようと思うと、感覚も必要なので難しく感じるかも知れません。

 

でも、数種類レシピを学んでしまえば、これを基本にして、あとはこの時期に取り入れても大丈夫な食材をレシピの中に取り入れるだけです。なので、この時期に合ったレシピをご紹介しましょう。

 

お粥は徐々に水分を減らしていこう

5〜6ヶ月の離乳食の時には、ご飯:水を1:10〜15くらいにしてお粥を作っていた方が多いでしょう。

 

7〜8ヶ月になったら徐々にお粥の水分を減らしていき、舌で潰せる固さまで近づけていきましょう。

 

まずは、1つのステップとして、ご飯:水=1:10で作ったお粥を食べられることを目標にしてみましょう。

 

そして、ご飯:水=1:7の7倍粥を目標に、さらにご飯:水=1:5の5倍粥を目標に水分を減らしていきます。もし赤ちゃんが嫌がる場合には、今までのお粥に戻して機嫌の良い時に再チャレンジしてみましょう。ペースとしては、8ヶ月を目安に5倍粥に切り替えられるのが理想です。

 

ただ、赤ちゃんによって順調に行く場合とそうでない場合とがあるので、時期はあまり気にせずマイペースに少しずつステップアップしていけば問題ありません。

 

うどんのくたくた煮やおじやを作ってみよう

ご飯と同じ穀類の仲間として、お粥ばかりではなくたまにはうどんを取り入れてみるのもいかがでしょうか。

 

うどんのくたくた煮は、とても簡単に作ることが出来ますよ。

 

まずは、うどんを赤ちゃんの一口サイズになるように、小さく細く薄めに刻みます。

 

そして、鍋でだし汁と一緒にくたくたになるまで煮るだけです。おじやは、お粥を作る段階で、湯通ししたしらす干し、茹でて細かく刻んだほうれん草、白菜、大根、人参などの野菜を加えて煮込むだけで完成です。水の代わりにだし汁を加えても大丈夫です。

 

野菜をメインとしたメニュー

7〜8ヶ月になったら、トマトを取り入れた食事メニューも良いでしょう。トマトは皮と種さえ取り除けば、みじん切りにするだけで火を通す必要はありません。「加熱する料理は面倒!」なんて言う時に、冷凍保存したおかゆやおじやと一緒に出してあげるのも良いかも知れませんね。

 

それから、今までは一生懸命すり潰したりすり下ろしたりしたジャガイモやかぼちゃ、人参などの野菜は、この時期からは柔らかく茹でて粗潰し程度に挑戦してみても良いでしょう。

 

ジャガイモは、茹でて粗潰ししたものを牛乳で伸ばして火を通せば1品料理になります。かぼちゃは、だし汁で柔らかく煮込めばOKです。人参は、煮ながら若干砂糖を加えて味付けをする程度で大丈夫です。

 

タンパク質を摂取できるメニュー

タンパク質と言えば、良質のタンパク質として大豆食品である豆腐がありますよね。豆腐は、1cmくらいに切ってだし汁で煮るだけで煮豆腐になります。卵は卵黄のみを取り出して溶き、水かだし汁を加えて火を通しながら塩や砂糖を若干加えて味付けするとふわふわの卵の出来上がりです。

 

調味料は指で軽く摘まんでパラパラ入れる程度で、入れ過ぎに注意しましょう。この他、魚は、茹でてほぐしたものに、砂糖やしょうゆで薄めに味付けする程度で大丈夫です。調味料を僅かに使用する分には良いのですが、基本的には薄味です。

 

このように7〜8ヶ月の離乳食レシピを何種類かご紹介しましたが、今までよりも赤ちゃんの食べられる食品の種類が増えただけに食品の組み合わせを考えるのが大変と言うお母さんもいるでしょう。

 

こんな時には、「1食当たり穀類は50〜80g、野菜や果物は20〜30g、タンパク質は魚か肉を10〜15gか豆腐を30〜40gか卵黄1〜全卵3分の1か乳製品50〜70gのいずれか」と言うのを基準にメニューを考えましょう。

 

NEXT→生後9〜11ヶ月の離乳食のレシピ例(中期の献立)

 

また、離乳食の進め方の基本についてはこちら。

赤ちゃんのスキンケアにおすすめ


Sponser Link